トリア 脱毛

MENU

トリア脱毛で比較検討でもう迷わない

家庭用脱毛器と脱毛サロン

 

 

今、女性の中で認識が変わりつつあるムダ毛のお手入れ。
数年前まではワキなどの濃い部分だけのお手入れで良いという認識が、
今では一目につく肌のほとんどのムダ毛をお手入れするということが常識となってきています。
また、自己処理の方法もカミソリやシェーバーで剃るという方法ではなく、脱毛と言う方法が主流になりつつあります。
そんな変化にともない、家庭用脱毛器も様々なものが売り出されるようになりました。
そんな家庭用脱毛器と脱毛サロンでのお手入れ、一体何が違うのでしょうか?

 

まず大きな違いとして挙げられるのがパワーの違いです。
近年の家庭用脱毛器は昔に比べるとどんどん改良されてきており、パワーも格段に強くなりました。
ですが、やはり脱毛サロンなどの専門機関で使用されている脱毛機器に比べるとまだまだといったところです。
パワーが弱いため、強い効果はあまり期待できないでしょう。日頃の細目なお手入れが必要となってきます。

 

また、脱毛出来る箇所が自分の手の届く範囲と限られていたり、
VIOラインやお顔などのデリケートな箇所のお手入れは出来なくなっていたりと、お手入れ範囲がかなり狭まっています。
その点、脱毛サロンではほとんどの箇所のお手入れが可能となっていて、ムダ毛が残ると言うことは少なくなっています。

 

そんな家庭用脱毛器ですが、メリットもあります。

 

まずメリットとして述べられるのが費用が安くですむと言う点。

 

脱毛サロンやクリニックでのお手入れの場合、脱毛方法によって金額は変わってきますが、
全身脱毛となると効果の実感まで最低で10万以上、永久脱毛にしようとするともっとかかってしまいます。

 

ですが、家庭用脱毛器の場合、大体5万円からと比較的安くなっています。

 

また、お手入れを行うのに自宅で出来てしまうので、脱毛サロンなどで手間がかかる予約をしなくて良いことや、
わざわざ通う必要がないと言うのも便利な一面です。

 

あと、家庭用脱毛器にも1種類あって、脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛で、特に人気なのが家庭用脱毛器ケノンです。

 

なんと家庭用脱毛器には医療脱毛器でおなじみのレーザー脱毛タイプがあって、トリアと言われる脱毛器です。

 

どちらにもメリットとデメリットはありますが、永久脱毛ができるとあって取り合も人気が高くなっています。

 

でも、やっぱり手軽さや照射面積の広さで、自宅で自分でやっても楽ちんなのはケノンなので、売れてるのはケノンですが、永久脱毛はしたいのであれば断然トリアになるでしょう。

 

これらの違いを踏まえた上で、家庭用脱毛器でのお手入れを行うか、
脱毛サロンやクリニックでのお手入れを行うかを検討すると良いでしょう。